創造的破壊という考え方

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

ども、僕です。貴公子です。

 

僕のブログ読んでくれてる人はわかると思うんですけど、
よく「創造的破壊」って言葉出てきますよね?

 

この言葉結構気に入ってて筋トレだけに限らずどの分野でも使えるな〜
って思いながら意識してます。

 

僕の理念である『「カッコイイ男」になる』っていうのは
どの分野でも活躍できるハイスペックな男なので、

 

この「創造的破壊」っていう考え方を身につけて
あなたも「カッコイイ男」の仲間入りしましょう。

 

で、そんな創造的破壊という考え方についてなんですが、
まず筋トレでいうところの創造的破壊ってなんでしょう?

 

答えはいくつかあると思いますが、
代表的なので言えば、

 

新たな筋肉を創造するための破壊

 

ですよね。

 

この筋肉の破壊と創造についてピンと来ない人は
こちらの記事をまず読んでください。

→筋トレしすぎると筋肉減る説

 

じゃあこれを他の分野でどう応用できるかっていう話なんですけど
例えば、概念的な面で考えると、「恋愛」とか。

 

新しい恋愛観を創り上げたい場合、
今までのあなたの恋愛観を壊す必要がありますよね。

 

じゃないと今まで以上の彼女はできないし、
今まで以上のレベルの女性とも知り合いません。

 

知り合ったとしてもそれ以上の関係にはなりません。

 

それは今までの恋愛に対する常識があるからで、
それをぶっ壊した先にパラダイムシフトが待っているからです。

 

となれば、恋愛だけじゃなくて
全ての分野で当てはまることは容易に理解できると思います。

 

仕事でも人間関係でも筋トレでも恋愛でも
勉強でもなんでもそう。

 

筋トレを筋トレとしてだけ見るのではなくて、
抽象度を上げて捉えることで

 

筋トレのノウハウを別分野のノウハウに
転換させることができるんですよね。

 

この考え方ってめちゃくちゃ大事で
抽象度をあげることが出来れば人生上手くいきます。

 

あくまで筋トレを通して「カッコイイ男」になるのが目的ですが、
筋トレだけできてムキムキの脳筋になってもカッコよくないので
全ての分野で成功を収めるための考え方で生きましょう。

 

筋トレっていうシンプルな行為の中に
全ての事象に通づる共通項を見いだすことで
筋トレを筋トレとしか捉えられない脳筋バカとは
別次元で生きれます。

 

と、ちょっと言葉悪くなりましたが、
要するにそういうことです。

 

抽象度をあげるっていうのは「カッコイイ男」になるためには
むっちゃくちゃ大事すぎるんで意識するといいです。

 

めちゃくちゃ話逸れたんで創造的破壊の話に戻しますねw

 

筋トレしてると絶対に頭打ちがきます。
重量が上がらないとか効いてる感じしなくなってきたとか。

 

そんな時にも創造的破壊という考え方が使えます。

 

結局今までのトレーニングがマンネリ化するんですよ。

 

だからそれをぶっ壊して新しいメニューを試す。
新しい刺激を筋肉に与えてあげると。

 

そうすれば、また筋肉がどんどん成長するし、
重量も上がるようになる。

 

もちろん筋肥大も。

 

だから、何か新しいものを生み出したい、創り出したい時は
とりあえず何かを壊す、破壊することを考えてみてください。

 

それだけで意外と解決策が浮かんだりするので。

 

とまあ、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

 

「創造的破壊」という考え方大事にしてくださいね。

 

ではでは。


僕は現在21歳で職業は会社経営をしています。

18歳の時に大学在学中にノリで起業しました。
理由は「起業」とか「社長」ってかっこよくね?って思ったから。

まあ職業はどうでもいいんで深くは話しませんが、
この「かっこよくね?」っていう考え方をかなり大事にしています。

というのも、僕の行動理念が「カッコイイ男」になるというもので、
僕の意思決定の大半を占めていて、このブログを書くことになったきっかけでもあります。

「カッコイイ男」ってなんぞや?って思われたかもしれませんね。

それについて詳しくは
下記の物語をご覧ください。


→貴公子の理念【「カッコイイ男」になる】の意味と 15年間ガリガリで悩んでた男が 筋トレで筋肉と脳と心を鍛えて人生激変させる物語

 

僕の無料の日刊メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので 今日しか知れない内容も もちろんあります。

最新号はこんな内容です

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

僕とともに進化していけば 「カッコイイ男」になれるでしょう。

下記の画像をクリックすれば参加できます。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る