【Vol.2】本日のキコトレ[背中・上腕二頭筋]

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、こんばんは。

貴公子です。

 

タイトル見てなんやこれ?ってなったかと思いますが、

 

昨日から貴公子のその日のトレーニングメニューを
詳しく書いていきますよっていう企画を始めたので
そのタイトルを何にしよっかなーって思ったところ

 

「貴公子のトレーニングメニュー」
略して「キコトレ」になったっていうわけです。

 

そのまんまやないかい!っていうツッコミはナシで。

 

まあ僕ももうトレーニング歴3ヶ月になるので、
かなり知識もついたし、正しいトレーニングができるようになったので
ぜひ参考にしてもらえればなーと思います。

 

ってことで、本日のキコトレ書いていきますね。

 

【本日のキコトレ】

背中:

ラットプルダウン 61kg 5rep 1set・54kg 8~10rep 1set・47kg 8~10rep 3set
ベントオーバーローイング 60kg 6~8rep 3set
ハーフデッドリフト 130kg 5~8rep 3set

 

上腕二頭筋:

マシンカール 32kg 5rep 1set・25kg 8~10rep 3set
バーベルカール 20kg 5~8rep 3set
ダンベルカール 片手10kg 5rep 3set→5kgまでドロップセット

 

という感じで、今日はプルDAYなので、
背中と上腕二頭筋をやりました。

 

背中は厚みよりも広さを出したいと思ってるんで、
最初にラットプルダウンでがっつり追い込んで、
そのあとにベントオーバー→ハーフデッドっていう順番でやってます。

 

もちろん厚みも出したいので、
ベントオーバーもハーフデッドもやってますが、
僕の場合広背筋が壊滅的に無かったので、

 

最初の頃からラットプルダウンは重点的にやってますね。

 

今ではちょっとずつ広背筋も付いてきて、
逆三角形の体に近づいてるのがわかります。

 

広背筋は意識して鍛えてないと発達しにくいんですよ。
特に日本人は。

 

逆に言えば、ちゃんと鍛えれば他人と差別化できるってこと。

 

背中のトレーニングも色々あってややこしいんですけど、
もうこの3種目だけで十分です。

 

他にもケーブルやらダンベルやらありますけど、
あんまり色々やり過ぎるよりかは、
この3つを綺麗なフォームで重量扱えるようになる方が
圧倒的に効率的です。

 

上腕二頭筋の種目は、
毎回2〜4種目ぐらいやりますね。

 

今日は3種目でした。

 

マシンカールだと、二頭筋の長頭、
バーベルカールは短頭に刺激が入りやすくて、
ダンベルカールは可動域広いんで、好きなようにできます。

 

手のひらを内側にしたまま肘を曲げて見てください。

 

そこから手のひらを自分に向けるようにひねると
上腕二頭筋が収縮するのがわかると思います。

 

これは、手のひらが上を向いてる状態のカール、
つまり、バーベルカールやダンベルカールの動きなので、
短頭に強く刺激が入ります。

 

逆に、手のひらを内側に向けたままカールするハンマーカールや
マシンやEZバーでの手のひらが斜めになってる場合は長頭に入ります。

 

もちろん片方だけに入ってるんじゃなくて、
短頭も長頭も刺激入ってるんですけど、
その比率ですね。

 

なので、意識して見てください。

 

何か質問とかあれば、気軽にコメントください。

 

それでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年間ガリガリ体型にコンプレックスがあり、
自己嫌悪克服のために筋トレを始めた結果2ヶ月で克服することができました。
が、それからは筋トレがただの作業になり、
何か物足りなく感じていました。

そんなある日、ベンチプレスで死にかけます。

その結果本当にやりたいことが明確になり、
毎日が濃く充実したものになりました。

筋トレによって「死」を意識することで
「生」が際立ち輝くということを実感し、
コンセプトとして
「死の意識が人生を輝かせる」
を掲げています。
死を意識することによって僕は
「人生の幸福度を上げていきたい」と思っています。

今の時代、「生きる屍」と言われるように
「なんのために生きているのかわからない」
「生きている実感がない」
っていう人が多いですが、
誰であろうと「死」を意識することで
真に充実した人生を送ることができる
ということについて発信していきます。

詳しくは下記の物語をご覧ください。

→貴公子の理念「死の意識が人生を輝かせる」&コンプレックスだらけの貴公子が筋トレを通して人生を変える物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の無料の日刊メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので
今日しか知れない内容も
もちろんあります。

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

【下記画像をクリックして無料で貴公子日刊メルマガを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る