細マッチョになるためには自重かウェイトどっちがいいのか?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、こんばんは、貴公子です。

今日は日曜日ということで
外に出るのが億劫で
家に籠ってますw

休日は人が多いんで
なるべく外に出たくないんですよね。

ということで、
今日はオフの日にしました。

今日はレッグDAYだったんですけども
明日にズラします。

まあこうやって少しぐらいは
柔軟に組むぐらいがいいですよ。

あんまりガチガチに考えすぎると
逆に良くないですしね。

ってことで今回は
この前質問が来てたんで
それに答えていこうかなと。

えーと、
「細マッチョになるためには
自重じゃダメですか?」
っていう質問ですね。

この質問よく貰いますが、
やっぱりジムに行く
ハードルが高いんですかね?

結論から言えば、
ウェイトの方がいい
っていうのが答えです。

ウェイトじゃないとダメ
ではないんですけど

より早く細マッチョに
なりたいんであれば
ウェイトの方がいいです。

まあこれは筋肉が
デカくなるメカニズムを
考えればわかるんですけど、

筋肥大っていうのは人間の防衛本能なんですよ。

超簡単に言えば、

今の筋力とか筋肉量では
扱えない重量を扱うから
脳が危機を感じて
筋肉がデカくなるんですよね。

じゃあこれが自重だとどうでしょう?

最初は筋力がないんで
自重でも刺激になりますが、

そのうちすぐに刺激に慣れます。

慣れたらそこからは
自重を支えるだけの筋肉があればいいや

って脳が判断するんですよね。

で、そこからは
必要最低限の筋肉しかつかないんで
なかなかデカくならない

っていうことです。

なんで、そうなるのかっていうと、

筋肉の燃費がめちゃめちゃ悪いからなんですね。

今は脂肪なんて要らない
っていう時代ですけど

動物にとっては
脂肪は貴重なエネルギー源なので

なるべく消費せずに溜め込もうとします。

でも筋肉は脂肪を分解、燃焼しますよね。

だから必要以上の筋肉をつけると
かなりのカロリーを消費してしまう

ってことで
脳はなるべく筋肉をつけないようにします。

つまりどういうことかっていうと

筋肉が刺激に慣れたら
どんどん負荷を上げていかないと
筋肥大しないってことなんです。

だから重量をガンガン上げていける
ウェイトの方がいいですよっていうことですね。

あとは、逆に軽い重量でもできるし
自由に重量を調節できる

っていう点でもウェイトの方が
僕はいいと思います。

例えば、広背筋を鍛えたいけど
懸垂できません。

ってなったら鍛えれないですよねw

でもラットプルダウンとか
ベントオーバーみたいな

ウェイトの種目なら
自重以下の負荷でもトレーニングできます。

あとは自重で鍛えにくい部位も
ウェイトならピンポイントで鍛えれますしね。

力こぶの上腕二頭筋とか
肩幅の三角筋中部とかって

自重で鍛えにくいんですよ。

無理ではないけど
難しいです。

ってことで総合的に見て
自重よりウェイトの方が
細マッチョになるためには最適です。

僕の場合は、
基本的にはジムでウェイトやって

たまにジム行くのめんどくさいなーとか
ジム行けない時とかは家で自重やったりもしてます。

自重の場合は負荷が軽いんで、
筋肥大よりも筋持久力UP目的で
回数多めにやるといいですね。

はい、今回はこんな感じで終わります。

自重とウェイトどっちがいいんですか?
っていう質問が多かったし、

僕も最初同じこと思ってたんで、
それについて話しました。

質問とか相談は気軽にコメントください。

 

ではではー。


15年間ガリガリ体型にコンプレックスがあり、
自己嫌悪克服のために筋トレを始めた結果2ヶ月で克服することができました。

なぜ、二度の挫折を乗り越えて自己嫌悪を克服し、
今もなお進化し続けていくことができるのか?

詳しくは下記の物語をご覧ください。

→貴公子の理念「脳から変えて理想の体をデザインする」&コンプレックスだらけの貴公子が人生を変える物語


僕の大好評無料メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので
今日しか知れない内容も
もちろんあります。

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

【下記画像をクリックして無料で大好評の貴公子日刊メルマガを読む】

>>詳細はこちらをクリック

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る