コードギアスから学ぶ「筋トレに対するスタンス」

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、こんにちは。
貴公子です。

 

先日コードギアスっていうアニメを
今更ながら見たんですけども、

これが中々面白くて色々と考えさせられました。

 

ってことで今回は

「コードギアスを見ていて学んだ
筋トレに対してのスタンス」

についてお話ししていきます。

 

と言っても、これって筋トレだけじゃなくて
あらゆる分野で使えるので、
要チェックです。

 

ちなみにコードギアスを
知らない人のために5行で説明すると

日本が神聖ブリタニア帝国っていう国に
戦争で負けて占領されるんですが、
ブリタニアの王子である主人公が
親父(皇帝)に恨みを持ってて、
日本人たちを率いてブリタニアぶっ潰そうぜ

っていう感じのストーリーです。

 

まあ本当はもっと深くて
考えさせられるアニメなんですけど

文字で説明するのは流石に無理があるんで
5行でご勘弁をw

 

で、まあ主人公率いる「黒の騎士団」っていう団体と
ブリタニア帝国軍が度々ロボットに乗って戦争するわけなんですが、

こちらのロボをはるかに上回る性能の
相手のロボが出てきたりするんですよね。

 

で、こっちの計算が狂ったり、
また別の非常事態が起こったり。

 

そんな時に主人公が毎回のように
口にしていたセリフがあって

そこから「あー、これって筋トレにも言えるな」
って思ったんでシェアしたいと思います。

 

そのセリフはというと、

「戦術目標は変わっても
戦略目的は変わらない」

というものです。

 

戦術とか戦略とかっていうのは
もともと軍事用語なので、

戦争の時に使われていた言葉ですね。

 

局所と大局とも言い換えれます。

 

戦術目標というと、
戦略目的をクリアするための手段にすぎません。

 

ビジネス用語で言うとKPIみたいなものですね。

 

目的に向かうまでの
道のりの最中にあるのが目標

とイメージするとわかりやすいでしょうか?

 

で、僕はこのセリフを少し意訳して

「戦略目的が明確なら
どんなイレギュラーが起きても関係ない」

という解釈をしました。

 

方向性が決まってるから、

多少のズレは補正できるということですね。

 

なので、もしこれから
ボディメイクをしていくのであれば
まずこの戦略目的を明確にしましょう。

 

どういう体になりたいのかとか
どんな服を着こなしたいのかとか
筋トレを通してどんな人生にしたいのか

みたいな感じですね。

 

これさえちゃんと設定しておけば、
多少の寄り道はあれど

方向性が一定なら関係ありません。

 

ミクロな視点で一喜一憂することもなくなります。

 

目的が決まれば手段が決まる。

 

まずはゴールから設定して
逆算すれば自ずと通過点も見えるはずです。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年間ガリガリ体型にコンプレックスがあり、
自己嫌悪克服のために筋トレを始めた結果2ヶ月で克服することができました。
が、それからは筋トレがただの作業になり、
何か物足りなく感じていました。

そんなある日、ベンチプレスで死にかけます。

その結果本当にやりたいことが明確になり、
毎日が濃く充実したものになりました。

筋トレによって「死」を意識することで
「生」が際立ち輝くということを実感し、
コンセプトとして
「死の意識が人生を輝かせる」
を掲げています。
死を意識することによって僕は
「人生の幸福度を上げていきたい」と思っています。

今の時代、「生きる屍」と言われるように
「なんのために生きているのかわからない」
「生きている実感がない」
っていう人が多いですが、
誰であろうと「死」を意識することで
真に充実した人生を送ることができる
ということについて発信していきます。

詳しくは下記の物語をご覧ください。

→貴公子の理念「死の意識が人生を輝かせる」&コンプレックスだらけの貴公子が筋トレを通して人生を変える物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の無料の日刊メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので
今日しか知れない内容も
もちろんあります。

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

【下記画像をクリックして無料で貴公子日刊メルマガを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る