発信のコンセプトを変えます。より抽象度の高い次元へ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、貴公子です。

 

ここ最近思うことがあったので、
それについてのお話と

それに伴ってブログ・YouTube・メルマガの
発信のコンセプトを変えようと思います。

 

というのも、僕はもともと
ガリガリ体型にコンプレックスを持ってて、
それを克服するために筋トレを始めました。

 

が、筋トレ開始から2ヶ月でガリガリを脱却し、
そこからの僕はなんというか、

ある種の「惰性」に近い状態になっていました。

 

毎日朝ごはんを食べては2時間後にジムに行き、
1~2時間のトレーニングをしたら
プロテインを飲んで家に帰り、
家でパソコンをいじって仕事して、
夜ご飯を食べ、寝る

みたいな。

 

人生そのものが惰性のようになっていました。

 

そんな時に僕はあるきっかけにより、
「生」を実感することになります。

 

ウェイトトレーニングというのはご存知の通り
重量を扱う上で危険も伴います。

 

僕はある日、ベンチプレスで潰れてしまい、
セーフティバーもスポッター(補助の人)もいなかったので
本気で死ぬと思いました。

 

大げさでもなんでもなく。

 

普段意識しない「死」というものを意識したんです。

 

そうすることで、
普段意識しない「生」が浮き彫りになるというか
際立つようになるんですね。

 

歴史上の偉人も常に「死」を意識して過ごしていた人が多くいます。

 

最近では、Appleの創始者「スティーブ・ジョブズ」が有名ですね。

 

「人は、生まれ、ほんの一瞬生き、そして死ぬんだ。ずっとそうだ。」
「もし今日が人生最後の日だとしたら、
今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

といった言葉を残しています。

 

この世の中は全て「生」と「死」のように
になるもので構成されていて、
相互依存し、一方を意識すればもう一方も際立ちます。

 

強い光の背後には濃い影ができるし、

よくあるセリフだと、
「大切なものは失ってから気づく」
とかも「有」と「無」の関係です。

 

現代人は、「生きる屍」「死んでいるかのごとく生きる」
と言われるような人が多いですよね。

 

なんのために生きてるのかわからない。

 

生きている心地がしない。生を実感していない。

という人。

 

僕も実際そうでしたし、
あなたもそうかもしれませんね。

 

僕はジムに通いながら周りを見渡すと、
筋トレをただの作業として、
惰性でやってそうな人が多いなと感じました。

(実際に聞いたわけじゃないので
その人たちのことはわかりませんが)

 

惰性で筋トレをする、惰性で人生を過ごす。

 

それって「死」を意識できてないからなんですよね。

 

だって明日でも1週間後でもなんでもいいですけど、
あなた死にますよって言われたらどうします?

 

多分必死で生きると思うんですよね。

 

まあもう死ぬしどうでもいいや
ってなる人もいるかもしれませんけど、
僕なら1日1日を有意義にしたいと思います。

 

で、その結果人生がより良いものなりますし、
幸福度も上がるんですよね。

 

それこそ本当に自分のしたいことがわかるかもしれないし、
自分の人生のミッションとか行動理念

っていうのが湧いてくるかもしれません。

 

それを達成するために人生を本気で生きるわけなんで、
そりゃ密度も濃くなるし、

自分のエネルギー値が高くなるんで、
周りにいる人にも良い影響を与えられますし、

「死」を意識した男性は遺伝子を残すために
性的魅力が爆上がりして、結果モテます。

 

神風特攻隊のフェロモンは凄まじかった
っていう話は有名ですよね。

 

やりたいことが見つからないとか
ダラダラ過ごしてしまうのって
結局のところ「死」を意識できてない、
つまり身近に感じることができてないからです。

 

っていうことで、僕はこれから
筋トレは「死」を浮き彫りにするための手段と捉え
人生をより良いものにしてほしいと思い、

以前の「カッコイイ男」になるというコンセプトよりも
抽象度を高めて発信していきたいと思います。

 

人生をより良いものにして、
幸福度を高めるという点で見れば
根本の想いは変わってません。

 

今後は

「死」の意識が人生を輝かせる

という理念のもとお届けしていきますので、

 

どうぞよろしくお願いします。

 

詳しくはこちらをご覧ください

→貴公子の理念「死の意識が人生を輝かせる」とコンプレックスだらけの貴公子が筋トレを通して人生を変える物語

 

それでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年間ガリガリ体型にコンプレックスがあり、
自己嫌悪克服のために筋トレを始めた結果2ヶ月で克服することができました。
が、それからは筋トレがただの作業になり、
何か物足りなく感じていました。

そんなある日、ベンチプレスで死にかけます。

その結果本当にやりたいことが明確になり、
毎日が濃く充実したものになりました。

筋トレによって「死」を意識することで
「生」が際立ち輝くということを実感し、
コンセプトとして
「死の意識が人生を輝かせる」
を掲げています。
死を意識することによって僕は
「人生の幸福度を上げていきたい」と思っています。

今の時代、「生きる屍」と言われるように
「なんのために生きているのかわからない」
「生きている実感がない」
っていう人が多いですが、
誰であろうと「死」を意識することで
真に充実した人生を送ることができる
ということについて発信していきます。

詳しくは下記の物語をご覧ください。

→貴公子の理念「死の意識が人生を輝かせる」&コンプレックスだらけの貴公子が筋トレを通して人生を変える物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の無料の日刊メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので
今日しか知れない内容も
もちろんあります。

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

【下記画像をクリックして無料で貴公子日刊メルマガを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る