目標達成能力を高める「エフィカシー」という概念

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、貴公子です。

 

今日は、タイトルにもあるように

「エフィカシー」

について話していきたいと思います。

 

日本語で言うと「自己効力感」なんですけども、
エフィカシー低い人が多いなーと感じたので
今回はそのことについて詳しくみていきましょう。

 

筋トレでもなんでもそうなんですけど、
このエフィカシーが低いと結果を出しにくいです。

 

と言うか出せないです。

 

で、結果を出す人、目標達成できる人っていうのは
意識的か無意識かは置いといて
総じてこのエフィカシーが高いです。

 

まあさっきの自己効力感っていう説明だけじゃ
ちょっとわかりにくいので、

もうちょっと砕いて言うと

「目標達成における自己能力の自己評価」

って感じです。

 

要は、「俺は目標達成できる人間だぜ!」

ってどれぐらい思えてるかってことですね。

 

漫画の主人公とか俗に言う成功者とかって言うのは
このエフィカシーがめちゃめちゃ高いんで
自分のエフィカシーを高める参考にできると思います。

 

例えば、僕が一番好きな漫画「ONE PIECE」
の主人公モンキー・D・ルフィはことごとく

「海賊王に!俺はなる!」
って言うハンパないエフィカシーを発揮してるわけです。

 

まだ海賊になる前から言ってるんでねw
(第1話では海に出た時に初めて言ってますが、
後々ルフィの子供時代が回想シーンとして出た時にも
言ってたので海賊になる前から言ってます。)

 

ただのサラリーマンが「世界一の資産家に!俺はなる!」
って言ってるようなもんですからね。

 

エフィカシーの高さがハンパないですよ。

 

他の漫画もエフィカシー高い
主人公が多いですよね。

 

僕はお笑いも好きなんですけど、
お笑い怪獣と言われる

「明石家さんま」のエフィカシーもすごいですね。

 

俺が一番面白い。って本気で思ってるという。

 

まあそんな感じで、うまくいく人っていうのは
総じてエフィカシーが高いわけです。

 

で、これを見て、あなたは、

「へぇ〜、すげぇ〜」

で終わっちゃダメなんですよ?

 

あなたもエフィカシーを高めて
目標達成できる人間になっていくのが目的なので。

 

というか、自己評価低い人が多すぎなんですよね。

 

自分に自信を持てないというか。

 

まあそれっていうのは、
エフィカシーの高め方を知らないだけで
知ればそっからガンガン目標達成できるようになったり
っていうのもザラにありますから

まずは知っていきましょうということですね。

 

このエフィカシーを高めることによって
現状が息苦しく感じるようになります。

 

これがコンフォートゾーンの移動です。

 

なんかカタカナがいっぱい出てきますが、
頑張ってくださいねw

 

コンフォートゾーンっていうのは、
そのままの意味で「居心地の良いゾーン」
っていうことです。

 

ホメオスタシス(恒常性維持機能)と言って、
常に一定の場所に留まろうとする力が働いて
コンフォートゾーンから出ないようにします。

 

体温がほぼ一定なのもホメオスタシスの力です。

 

例を出すと、宝くじに当たった人が
無駄にお金を使いまくって破産したりとか
(破産する要因は実は他にあるんですが。)

何か新しいことに挑戦しようとするも、
すぐに元の生活に戻ったりだとか。

 

あなたが今普通に生活してるその状態が
コンフォートゾーンというわけです。

 

で、大事なのは、

コンフォートゾーンに成長やブレイクスルーはない

ということなんですね。

 

毎日変わらない日々を過ごしたところで
年月だけが過ぎ、惰眠を貪るだけの人生になってしまいます。

 

だからこそコンフォートゾーンというのは常に
上に上に設定し直し続ける必要があります。

 

で、エフィカシーを高めるとどういうことが起きるかというと、

目標達成してる自分、もしくはその状態に
コンフォートゾーンが移行するんですね。

 

つまり、今の生活、状態が居心地の悪いものになって
目標達成してる自分の方が居心地が良くなり、
そっちに向かっていくというロジックです。

 

エフィカシーを高めると目標達成できるっていうのは
こういうことです。

 

別にこれファンタジーとかオカルトとかじゃなくて
コーチングの世界だとか上を目指すような人の間では
ごく当たり前の話だったりします。

(※僕はコーチングはやってません。知り合いにはいますが。)

 

僕も昔は知りませんでしたけど、
18歳の時に起業して、そこからいろんな本を読んだり、
人に会ったりしていろんな話を聞きまくりました。

 

その結果、こういう話ができるようになったりとか
筋トレしかやってない人(YouTuberとかね)には
見せられない世界を見せられるようになりました。

あ、別にディスってないですよw
僕よりもはるかに筋トレ歴も長い人ばかりですし、
体もごつい人ばっかりなので、尊敬してます。

 

でも、僕にしか見せられない景色っていうのも
あるので、その辺を楽しんでもらえたらなと思います。

 

はい、話それましたねw

 

えー、なんだっけ。

 

あ、そうそう、エフィカシーの話でした。

 

ここまででエフィカシーの重要性については
かなり理解していただけたかと思います。

 

ここからは、じゃあ具体的にどうすれば
エフィカシーを高められるの?

という話をしていきたいと思います。

 

これがねー、僕らにとってはすごいラッキーな話なんですよね。

 

もちろん色んな方法があって、
この記事だけで全部紹介したら何万文字っていう
軽く卒業論文とか超えるレベルになるんで、

今回は手っ取り早くエフィカシーを高める方法
について話していくんですが、

 

それがなんと。

「筋トレ」

なんですねー。

 

もう全人類筋トレしろって言ってるようなもんですよ。

 

僕はずっとそうした方がいいって言ってるんですけど。
まあそれは置いといて。

 

筋トレはエフィカシーの向上に繋がって、
その結果、他の分野にも繋がるんですよ。

 

筋トレって成果がわかりやすいので、
俺ってやればできるんだとか
努力が反映されてるのが実感できるんですよね。

 

で、それが、仕事でもできるんじゃないか?
恋愛でも俺はできるんじゃないか?

っていう風に波及していくので
筋トレやれば、あらゆる分野で目標達成できるようになる

という理屈なんですね。

 

まあ筋トレじゃなくてスポーツでもいいんですけど、
スポーツ始めるより筋トレ始める方がハードル低いですよね。

 

スポーツってなったら
どっかの教室とかクラブチームとかに入らないとダメですし。

 

筋トレとかスポーツっていうのは、
新しい技術を身につけてレベルアップを感じやすいので
エフィカシーUPに繋がります。

で、他のジャンルにも自信が推移していく
というわけです。

 

あとは、

「ポジティブボディイメージ」

っていうのがあって、

“自分の体に対する満足度が上がると
他人の目が気にならなくなる”

っていう研究結果があるんですよ。

 

その結果どうなるかっていうと、

他人の目が気にならなくなるので
堂々と大胆なことができるようになったりとかします。

 

筋トレしてる経営者が多いのも
こういう側面があると思いますね。

 

まあテストステロンが分泌されて
大雑把な性格になった結果大胆な行動ができる

っていう見方もありますけど。

 

ポジティブボディイメージは
自分が満足すればいいんです。

 

別にガリガリからちょっと筋肉ついたぐらいで
いや、まだまだあの人に比べたら、、、
とか思わなくてもいいってことです。

 

もちろんそれが本当に満足できないレベルなら
まだ鍛えればいいんですけど、

もう自分としては十分満足してるんだ
っていうレベルであれば、他と比較する必要は皆無です。

 

その満足感によって人の目が気にならなくなります。

 

ということで、

エフィカシーを高める方法っていうのは
他にもたくさんあるんですけど、

手っ取り早いのは筋トレして肉体を変えろ!
ということでした。

 

人生の主人公は常に自分ですよ。

 

僕は僕以外の人間を全員

「僕の人生」という名のゲームにおけるモブキャラだと思ってますから。

 

でも、その人たちから見たら僕はモブキャラです。

 

漫画の主人公も

「もともとエフィカシー高い系」

「エフィカシー激低いところから徐々に高くなっていく系」

の2パターンいます。

 

今、もしエフィカシー低かったなと感じたのであれば、
これから高めていきましょう。

 

今回は筋トレをすればいいという話でしたが、
他にもどんな方法があるのか興味ある方は

こちらの記事で書いてます。

→目標達成の鍵となる「エフィカシー」を高める4つの方法

 

というわけで今回は以上です。

 

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年間ガリガリ体型にコンプレックスがあり、
自己嫌悪克服のために筋トレを始めた結果2ヶ月で克服することができました。
が、それからは筋トレがただの作業になり、
何か物足りなく感じていました。

そんなある日、ベンチプレスで死にかけます。

その結果本当にやりたいことが明確になり、
毎日が濃く充実したものになりました。

筋トレによって「死」を意識することで
「生」が際立ち輝くということを実感し、
コンセプトとして
「死の意識が人生を輝かせる」
を掲げています。
死を意識することによって僕は
「人生の幸福度を上げていきたい」と思っています。

今の時代、「生きる屍」と言われるように
「なんのために生きているのかわからない」
「生きている実感がない」
っていう人が多いですが、
誰であろうと「死」を意識することで
真に充実した人生を送ることができる
ということについて発信していきます。

詳しくは下記の物語をご覧ください。

→貴公子の理念「死の意識が人生を輝かせる」&コンプレックスだらけの貴公子が筋トレを通して人生を変える物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の無料の日刊メルマガでは、
ブログやSNSYoutubeなどでは
発信しない話とかもするので是非。

そもそも日刊なので
今日しか知れない内容も
もちろんあります。

表ではできない濃い話もしてますし
メルマガ内のみの企画もあるのでお楽しみに。

【下記画像をクリックして無料で貴公子日刊メルマガを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る